25回目の父の命日。

IMG_7402_convert_20170404100010.jpg
位牌は仏壇に祀るのが普通のようですが、我が家は書棚に置いてあります。父は温厚な性質で、怒られた兄弟はいないと思います。約3ケ月ので一時は回復して、宮川堤の桜が見えると楽しみにしていたが、肺炎でなくなりました。
伊勢に住む、兄夫婦 三男夫婦 四男夫婦の献身てきな看病を、今でも感謝しています。娘は三男の嫁と、「奥」は嫂と組んで、私は弟の嫁と組んで、一晩徹夜で看病しました。
IMG_7403_convert_20170404100120.jpg IMG_7405_convert_20170404100151.jpg
両親とも幸せだったと思います。金婚式の写真、赤ん坊だった姪も、二児の母になっています、平成何年?。
IMG_7400_convert_20170404095840.jpg IMG_7399_convert_20170404095816.jpg
グランドの桜が蕾のために、尾西緑道まで車で行き、撮影しました。棋楽

2017-04-04(Tue)
 

ムコからの贈りもの。

IMG_6777_convert_20170112172053.jpg
1月4日に高知県の青龍寺から参りはじめ 今回は足摺岬を経て 宇和島まで辿り着きました。
一番札所から最も遠い 四十番 観自在寺で買った手拭いです お納め下さい。
・・ダルマの絵が入ったのが、お母様用です。
この手拭いは鑑賞用である為に、天国に行く時の首巻にします。
四国の金比羅山・桂浜・足摺岬には行った事はあります。
定年退職前に、ハイキングに凝り、尾瀬湿原「福島県?」・・奈良県の橿原神宮の境内に車を止めてハイキング大会に参加した。
岐阜公園から新幹線羽島駅まで歩いた、1泊2日で35キロを歩いた程 ハイキングも楽しかった。
2017-01-12(Thu)
 

傘寿祝い。

 IMG_6406_convert_20161120162102.jpg
娘夫婦と久しぶりに国産のウナギを食べた。自腹では食べられない。
IMG_6407_convert_20161120162134.jpg IMG_6408_convert_20161120162204.jpg
ムコの趣味はお遍路さん、今7回目を廻っているとか、写真はムコのブログより撮影。
今年の夏に娘から外国の観光旅行の写真がメールで送られてきてアップしてきたが、23日間も行っていた。
瀬戸物?六角形と陶器は、ポルトガルのお土産、ポルトガルは3回目。棋楽 
2016-11-22(Tue)
 

10月16日「日」・・兄の1周忌。

IMG_6118_convert_20161016183245.jpg
この住職は、父が平成4年に亡くなった時からお世話になっているが、宗派は知らない。全員が焼香してから説法?があるが、意味が判らない。10分で5万円?・・全員が黒服だったが棋楽だけは平服だった。
IMG_6120_convert_20161016183355.jpg IMG_6121_convert_20161016183426.jpg
左が先祖の墓、右が父が亡くなった時に兄が建てた墓。昼食も御馳走になり、お土産?も貰ったが、参列者はお金は出していない。最初にいらないと連絡があった、良くできた姪夫婦だ。来年が3回忌になるとかで、予定を聞かれたが、6月の初めに連絡が有れば、愛岐会の開催の予定をせずに、参列ができると話す。来年も無料だろう「笑」
IMG_6125_convert_20161016183500.jpg IMG_6119_convert_20161016183320.jpg
両親の位牌と兄の遺影には、毎朝お参りしている?。位牌は棋楽と共に灰になる。欲しい弟は連絡する事。
10数人いる、甥や姪は、ネットを見ない両親にブログを見せてほしい。
帰ってからテレビ将棋を見たが、出場停止の三浦九段戦が来週放映と予告した。証拠に写真を撮った。棋楽

2016-10-16(Sun)
 

娘夫婦の海外旅行「6」

4_convert_20160907131624.jpeg
3_convert_20160907131545.jpeg 2_convert_20160907131454.jpeg
スペインの首都マドリードに3泊しました、旅行前から楽しみにしていた、サッカースタジアムの見学ツァーに参加、普段は入れない、貴賓室・記者会見する部屋・ベンチ・ロッカールーム・グランド等を、30人ぐらいの人と案内してもらいました。
5_convert_20160907131709.jpeg 6_convert_20160907131747.jpeg
8_convert_20160907131931.jpeg 7_convert_20160907131856.jpeg
コルトバまでは特急電車で片道2時間、日帰りで世界遺産メスキタを観てきました、ここはスペインで現存する唯一の大モスクで、想像していたより、広い素晴らしい大聖堂だったのですが、それよりもインパクトのあったの気温でした、最高49度を見ました、街中の看板は46度から48度を表示していました。ただ湿度は低く、日陰に入れば大丈夫ですが、日の当たる所てでは、数分も立っていられないようです。
9_convert_20160907132015.jpeg 10_convert_20160907132113.jpeg
12_convert_20160907132237.jpeg 11_convert_20160907132158.jpeg
バルセロナには特急電車で2時間半、こちらも日帰りでした。電車は日本で購入してあった、ファストクラス用のチケットが用意してあり、座席シートも快適で、なによりも大きな荷物がなく、動けることができました。
2年半前には入場できなかった、サラダファミリアはネットで予約して待ち時間なく入れました。塔の上にはエレベーターで上がりましたが、帰りは螺旋階段で降りました。・・・・旅行は満喫できました。
明日の午前中にマドリードから「約24時間」名古屋に向かいます、8日の午前中に到着予定です。・・棋楽の娘。





2016-09-07(Wed)
 

娘夫婦の海外旅行「5」

2_convert_20160902103153.jpeg
ポルトガル第二の都市、ボルトの駅です。外観も立派ですが、内側はポルトガル独特の装飾用タイルが天井近くまで施されていて迫力がありました。写真の橋は全て同じ橋です。2階部分は路面電車、一階は車や人も通れます。私達は行きは電車で、帰りは歩いてホテルに帰りました。ポルトガルは8年前にも来ており、リスボンは泊まるだけににて、ボルトにきました。
 3_convert_20160902103219.jpeg  4_convert_20160902104102.jpeg
7_convert_20160902103408.jpeg 6_convert_20160902103329.jpeg
5_convert_20160902103256.jpeg 8_convert_20160902103451.png
ロープウェイは5年前にできたばかりで、何処から撮っても絵になる街でした。
近辺の地図を添付します。

8_convert_20160902103529.jpeg 9_convert_20160902103601.jpeg
10_convert_20160902103637.jpeg 13_convert_20160902103858.jpeg
今現在、1日の深夜です、すでにボルトからスペインに入っています。海辺の街ヒホンに泊まります。
夕方から観光しましたが、そこそこの都市ですかが、この日は日本人も東洋人には会いませんでした。日の入りが9時45分なので、9時でも空は明るいです。赤いモ二メントはヒホンと書いてあります。
残り5箔、ゴールはスペインのマドリードです。棋楽の娘。





2016-09-02(Fri)
 

娘夫婦の海外旅行「4」

3_convert_20160829103456.jpeg
ロンドンに3泊しました、ロンドンを終了すると、旅行は折り返しにはいります。大英博物館に行った時の写真です。世界中のコレクションが集めていて、館内は広すぎて私は半分も廻れませんでした。ここは無料で撮影も良しで、日本語の説明は有料でしたが、助かりました。日本のコーナーで展示物を見ている外国人の姿が興味ふかかったです。鎧「よろい」と刀が人気でした。
1_convert_20160829103318.jpeg 2_convert_20160829103401.jpeg
原節子さんは知ってますね、原さんの写真もありました。無料で写真撮影が良い博物館は日本にはない。
美空ひばり館・寅さん記念館?・田中角栄記念館・山本五十六記念館は有料で撮影はダメだった。棋楽

2016-08-29(Mon)
 

娘夫婦の海外旅行「3」

4_convert_20160827134914.jpeg
6_convert_20160827135032.jpeg 5_convert_20160827134955.jpeg
イングランドの南西の先端のランズエンドに行ってきました。マイカーの人が多かったが、私達は片道1時間の二階建てのバス、二階は寒いぐらいでしたが、帰りも二階にしました。地球の果てに来た感じでした。
1_convert_20160827134707.jpeg 2_convert_20160827134754.jpeg
年間1000万人が訪れるイギリスを代表する世界遺産、多くの謎を秘めた新石器時代の巨大環状列柱石、ストーンヘンジです。一番高いのは、7・3メートルあるそうです。
今はロンドン、イギリス最後の夜です。明日は飛行機でポルトガルのリスボンに行きます。
22日から27日までメールが無かったので、地震に巻き込まれたかと「奥」がメールしたら、
イギリスは今まで地震はないとか・・・棋楽
2016-08-27(Sat)
 

娘夫婦の海外旅行「2」

3_convert_20160822172732.jpeg
マンチェスターの街のは、イギリスで名門のサッカーチームがあり、なんとか入場券を手にいれて観戦できました。75000人。
5_convert_20160822174326.jpeg image_convert_20160822173326.jpeg
iヨークはイギリス最大のゴヂック聖堂があり、ミサにも参列しました。・・写真が横向き・・「涙」
8_convert_20160822173020.jpeg 10_convert_20160822173107.jpeg
りヴエブールに泊まりました。この街はビートルズの発祥の地で、観光客が写真を撮っていました。棋楽
2016-08-22(Mon)
 

娘夫婦の外国旅行「1」

3_convert_20160821075025.jpeg
8_convert_20160821075142.jpeg 7_convert_20160821075102.jpeg
スコットランドのエディンバラは世界遺産、今は祭りの期間らしい。右の写真を拡大すると素晴らしい。
image_convert_20160821065112.jpeg 10_convert_20160821075215.jpeg
この国の男性は普通にスカートをはいているとか。日本ではいたら、必ず不審者として110番される。
最近日本の女性は、スカートをはかなくなった、暑い時節になぜはかないのだろう。
メールでの写真をアップは久しぶりした。棋楽




2016-08-21(Sun)
 

昨日は母の命日だった。

IMG_5484.jpg
平成6年8月4日、暑い日だった。前日まで元気だったから、今なら熱中症だったのだろう。
朝「奥」に言われて気がつてた「涙」・・忘れていたのは、亡くなって初めてだ。
墓参りはしなくても、位牌も遺影も安置してある。両親の遺影と位牌は棋楽と一緒に灰にする。棋楽
2016-08-05(Fri)
 

5月18日「水」・通夜。


「大きな存在でした、家族の良き手本でした」
昭和22年、母は父と共に会社を興しました。
それからおよそ半世紀、仕事ひとすじに歩み続けた人生・・・
足りないところは互いに補い、力を合わせてきた伴侶に
先立たれるという出来事を経験しましたが、母はそこで
立ち止まることなく、二代目として、懸命に前へ前へと進んでまいりました。
92歳まで病気知らずで現役を貫き、会社を盛り立ててきた母。どれだけ気丈な人なのだろう。
当時の母の覚悟を思うと頭が下がるばかりです。
苦労も多かったと思いますが、その分たくさん仲間に恵まれ一緒に旅行をするなど
楽しい時間を過ごすことができました。
孫やひ孫とふれあうひとときもまた母にとっては幸せだったことでしょう。
与えられた命を精いっぱい輝かせ「駆け抜けた」母へ
伝えたいのは感謝を込めた「ありがとう」の一言です。向かう先での安らぎを願い、心静かに見送ります。
母は平成28年5月17日、享年102歳にて生涯とじました。
生前ご厚情を賜りました皆さまへ、心のより感謝申し上げます。「以下・略」
会葬の御礼の文章は何10通も読んでいるが、なぜか心にしみた。
「奥」の父の兄の嫁・・「子供6人」・・伯母さん当たる。
娘か幼児の時に、自家製の菓子を持って訪ねてきてくれた。2009年8月の義母の葬儀にも参列してくれた。
久しぶりに会ったが、凄い記憶力の良い、やさしい人だった。合掌・・・・・棋楽
2016-05-19(Thu)
 

父の命日。

2_20160404080114efb.jpg
平成4年4月4日、28年前で棋楽が56歳の時だった。金婚式は昭和58年、父73歳、棋楽47歳「昭和11年生まれ」。全員の集合写真はこれ一枚だが、弟達の嫁の若い事、ブログを読んでいる、甥や姪にに父の事を知らせる。
父の祖父の嫁は藤堂家33万石?の納戸役200石取りの武士の娘で、祖父は郷士で相当な資産家だったらしいが、相場に失敗して、資産を失い、父は小卒で左官職に、職人として一流だった、戦後大阪に出稼ぎにていた「賃金が良かった」・・ある時「馬の足を友人と1本ずつ買った事がある」と言ったことがあった、「今で言う一口馬主かな」・・ギャンブルに金をつぎ込み、母えの送金が遅れて、母が苦労して、我々子どもが貧乏な生活をした原因だつたような気がする。それが遺伝した息子が3人いる、次男・三男と六男だ。
3_20160404080138b7a.jpg 4_201604040802093f3.jpg
葬儀に使われた遺影と、位牌が、何故か棋楽宅にある、だれも引き取らなかった、棋楽と一緒に灰になる。
3_201604041337307e1.jpg 4_20160404133747f8a.jpg
毎年この日は父の事を描く、昨年は桜をアップしてあった。今年も桜を追加する。棋楽
2016-04-04(Mon)
 

兄「81歳」天国に。

1_20151231205522561.jpg
3_20151231205610542.jpg 1_20151220184421cf9.jpg
2013年6月16日の兄弟会の直前に倒れて、寝たきりになっていた。歯痛はなく意識はあったが、食事も摂れず、テレビも新聞も見られない2年半は長かったろう「涙」、最後に会ったのは11月14日の同窓会の日に、早く伊勢市に行き、四男と一緒に見舞った。その時の兄の最初の言葉は「岡田君はどうした?」だつた。「兄が元気な頃に墓で毎朝あっていた棋楽の同級生」・・岡田君は、2回も一緒にみまっていれていた、伊勢市の近くにいながら一度も見舞はなかつた肉親にも会いたかったに違いない。19日に姪から危篤の知らせがあり、棋楽以外の肉親は集まったようだが、意識の無くなった兄には会う気はなかった、21日に死亡、22日が通夜だったが、その日は愛岐会だった。兄は両親の法事は愛岐会の日程が決まってから、法事の日を決めてくれていたから参列しなしても許してくれただろう。
兄は遺言で祭壇と遺影、連絡する人も決めてあった。甥や姪の名はなかったようだ、香典の1万円は通夜に来た弟達が決めた?。これが前例になり、棋楽が死ねば、確実に香典が入る。12月20日の法事は等観寺「両親の法要もここだった、僧侶も同じ」昔は小学校の校庭と地続きだったが、家と道路が割り込んでいる、早修「そうしゅう」公園の奥に高い建物が寺、戦前からの建物て冷暖房はない。
この日は納骨があり、全員が墓まで行って、石碑に花をそなえ水をかけていたが、棋楽だけはやらなかった。生きているうちに見舞うべきであって、死んでからでは遅い。兄を見舞たのは六回だが、別れるときに、涙交じりで「ありがとう、ありがとう」と言ってくれた、その表情と声は今でも忘れない「涙」 合掌 棋楽
2016-01-01(Fri)
 

母の思い出。

 4_20150803185222f4f.jpg
母に内職を手伝え、弟の守りをせよとは、良く言われたが勉強せよとは言われたことはなかった。
中学2年の時にリーレー競争の選手が嫌で、1週間も、母・子で共謀して、学校で一番厳しい担任を騙した事があった、その条件が内職を手伝う事だった。
養成工と入った会社に、「いとこ」が会社にいたので約4キロの道を歩いて頼みに行ってくれた、しかし人事権はない現場の長だった。
職場の先輩が日赤に入院した時に、口実を作り見舞ってくれた事も覚えている。
厳しい母親であったので、7人の子供は真面目に育った。
洗濯機も水道ない時代に、9人分の洗濯物を、タライにバケツて水を運び「約2メートル」洗ってくれていた。
平成6年8月4日に前日は兄夫婦に送られて、元気だったが、その夜に78歳で天国に、脳溢血だつたが、熱中症だったも?
娘を抱いた母、集合写真は金婚式の孫達と母、抱かれた末弟の娘も今は二児の母親になっている。子供が成長した晩年は幸せだつたと思うが、ちょっと早すぎた、これも天命だろう。棋楽
2015-08-03(Mon)
 
プロフィール

棋楽

Author:棋楽
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索