FC2ブログ

一宮市三岸節子記念美術館。

◎ 一般320円、中学生以下110円、ただし一宮市市民65歳以上と中学生以下は無料。

IMG_5715[1]

◎ 題名 さいた さいた サクラがさいた、93歳のときの作品です。

IMG_5716[1]

◎ 題名、花、84歳、学芸員に「花の名前は?」「想像した花です」。

IMG_5711[1]IMG_5713[1]

◎ 猫の彫刻? 売り物もありました。

IMG_5719[1]

◎ 冬過ぎて 梅の香もとむ 公園の、マスク姿の おばさん多し。棋楽
2020-02-24(Mon)
 

趣味もいろいろ「作品展」

IMG_5546[1]

◎ 木曽川図書館に展示されていました。

IMG_5547[1]IMG_5552[1]

◎ 風景画は水彩画、桃は日本画です。私はその違いは判りません。

IMG_5549[1]IMG_5553[1]

◎ ゆとりのある生活をしている人の作品?。

IMG_5551[1]

◎ 「キジの叫び」、日本画? 水彩画?・・写真です。棋楽
2020-01-30(Thu)
 

趣味もいろいろ「ASC一宮25」

◎ 一宮市木曽川図書館、26日まで、水彩画 手芸 木目込み ちぎり絵 写真その他いろいろあります。

IMG_5497[1]

◎ 初夏の小川?。写真ではありません、水彩画です。

IMG_5495[1]IMG_5496[1]

◎ 手芸 木目込みの? 今年はねずみ年、私は7回目です。

IMG_5499[1]IMG_5498[1]

IMG_5500[1]

◎ 下の水彩画は男性の作品です。集中力と熱意を感じました。棋楽

2020-01-21(Tue)
 

趣味もいろいろ「写真」

◎ 一宮木曽川図書館の三階展示室。

IMG_5281[1]

◎ この写真を撮るのに、三年間もかょつたと説明文がありました。

IMG_5278[1]IMG_5279[1]

IMG_5282[1]IMG_5280[1]

◎ 今回は鳥の特集? 撮影旅行が楽しみだそうです。
◎ 優劣は審査員が決めますから、将棋の方がハッキリします。棋楽  
2019-12-18(Wed)
 

趣味もいろいろ「油彩画・写真」

◎ 一宮市在住の野田末治さんの作品を見せて貰いに行ってきました、二刀流でした。

IMG_5191[1]

IMG_5187[1]IMG_5186[1]

IMG_5194[1]

IMG_5190[1]

◎ この作品は素晴らしいです。

◎ いかの写真は、わたしが今日撮りました。題名は紅葉狩り。

IMG_5171[1]IMG_5179[1]

IMG_5192[1]

◎ あすは愛岐会です。棋楽
2019-11-30(Sat)
 

趣味もいろいろ「ハイキング」

◎ 平成元年の秋に、社長に勧められて始めたハイキングはふたりで30年位凝っていました。
◎ 当時は名鉄と近鉄か合同の企画で、通勤客のいない、土日の集客の為の企画「運賃が一割引き」でした。
◎ 300キロは年間30回参加した証明です。
◎ 近鉄は奈良 京都のコースまありました。
◎ 今は500キロになっている? 完全踏破者は中日新聞に掲載されます。

IMG_5068[1]

◎ ハイキングバスもあり、一泊で尾瀬湿原行ったのが、観光地として一番最高でした。
◎ アマレンを知ってからは、将棋に取りつかれました。

IMG_5069[1]

◎ 第一回お伊勢さん125社めぐり これは月に1回伊勢方面ですから、出来る限り実家によっていました。
◎ 無信心ですから、歩くだけでした。
◎ 学区内にあり遊んだ事もある、上宮「かみのやしろ」 宮社「みやのやしろ」も125社内でした。

◎ ハイキングで一日に一番長いのは20キロをあるきましたが、マラソンは40キロ好きでなければできませんね。棋楽
2019-11-17(Sun)
 

趣味もいろいろ「ちぎり絵」

◎ 一宮市立木曽川図書館で17日迄です。
◎ 20回なので前にもアップしたかも?。
◎ 和紙を貼付て制作で、絵の具よりは時間がかかる根気のいる趣味です。
◎ 百聞は一見に如かず。

IMG_5064[1]
IMG_5060[1]

◎ 富士山は春夏秋冬 いつでも画材?になります。 八号目まで登りダウンしました。

IMG_5057[1]

◎ 菊です。

IMG_5059[1]

IMG_5063[1]

◎ 素晴らしい作品です。

IMG_5054[1]

◎ わが人生に悔いなし。棋楽
2019-11-15(Fri)
 

趣味もいろいろ「日本画」

◎ 一宮木曽川図書館三階 10日迄。

IMG_4996[1]

◎ 生徒は、女性8名、男性2名、将棋ではありえません。

IMG_4998[1]IMG_4999[1]

◎ 左はバラ ダリア? 右は南天。

IMG_5002[1]IMG_5003[1]

◎ 左は野草? 右はユリ?。表示はされていますが覚えられません。

IMG_5000[1]

◎ 桜だけは判ります。 他に色々作品が展示されています。棋楽


2019-11-07(Thu)
 

趣味もいろいろ「写真・・プラス」

◎ 木曾川図書館で10月20日まで、男性17名 女性3名の力作ぞろいでした、

IMG_4823[1]

◎ 流鏑馬「やぶさめ」

IMG_4822[1]IMG_4828[1]
◎ 秋。
IMG_4826[1]IMG_4827[1]
◎ 夏 花火。
IMG_4821[1]IMG_4820[1]
◎ 春。

IMG_4812[1]

◎ 創作アップリケ、「奥」の作品です。

◎ 昨日は藤井七段と宮本五段の順位戦を観戦しました。藤井七段は水分を良く補給しますね。
◎ 今日は里見六冠と伊藤三段戦、伊藤さん強くなっていました。

◎ 王将戦の羽生さんと豊島名人戦、無料では見れません。棋楽
2019-10-16(Wed)
 

趣味もいろいろ「写真」

IMG_4632[1]

◎ ひさしぶりに尾西歴史民俗資料館に行きました。

◎ なんとガラスに自分が写っています?。

IMG_4633[1]IMG_4638[1]

IMG_4637[1]

IMG_4634[1]IMG_4635[1]

IMG_4644[1]

◎ 素晴らしい作品展でした、棋楽
2019-09-25(Wed)
 

趣味もいろいろ「写真」

 ◎ 木曾川図書館 25日迄。
IMG_4316[1]

IMG_4320[1] IMG_4327[1]

IMG_4324[1] IMG_4325[1]

IMG_4328[1] IMG_4329[1]

IMG_4326[1]

IMG_4322[1]

◎ 渾身の一投。一瞬を狙った?。

◎ 写真家は土門拳と弦巻勝だけは知っています。棋楽
2019-08-21(Wed)
 

趣味もいろいろ「水墨画」。

IMG_4240[1]
◎ 木曾川図書館、11日迄。

IMG_4243[1] IMG_4245[1]
◎ 同じ作者の作品でしょう?。

IMG_4241[1] IMG_4242[1]

IMG_4244[1]

◎ 上高地の大正池?、行きました。

IMG_4246[1]

◎ 奥入瀬渓流? なら二度行きました。

IMG_4248[1]


◎ 会長さんに「書道もやられましたか?」「小学生の教科だけです」「???」。棋楽

2019-08-09(Fri)
 

趣味もいろいろ 「パッチワーク・キルト展。

◎ 7月28日まで、一宮木曽川図書館で展示されています。
IMG_4112[1]

◎ 山田俊子先生です。
IMG_4127[1]

◎ 写真より、作品を「なま」で観賞する事をお薦めします。
IMG_4125[1] IMG_4122[1]

IMG_4119[1] IMG_4120[1]

◎ 万葉の世界?。
IMG_4126[1]

◎ 売り物ではありません。
IMG_4121[1]

◎ 「奥」の作品で「創作アップリケ」 布の上に布を張りつけています。
IMG_4123[1]

◎ 養老山脈に夕日が隠れる構図です。
◎ 麓を新幹線が走っています。「想像です」
◎ 自宅からグランドに向かって歩くと夕陽は見れます。
◎ 右下の赤いのは神社の鳥居だそうです。
◎ 自宅の西に神社はあり鳥居もありますが、赤色ではありません。棋楽
2019-07-24(Wed)
 

趣味もいろいろ。「版画・ガラス絵・水彩画」

IMG_4045[1]

◎ 21日まで木曽川図書館で展示されています。

IMG_4054[1] IMG_4055[1]
◎ これは版画?説明をうけましたが忘れました。

IMG_4057[1]

IMG_4060[1]

◎ 運よく、作者の方が見えていて、額からガラス絵を出して説明して下さいました。
◎ ガラス絵とは、ガラスの上に絵を描いて、裏から観る作品です。
◎ 最初に書いた絵が、一番上になりますから、油絵や水彩画より難しく感じました。
◎ 説明してくれた方は、まだ73歳で上品な紳士でした、有難うございました。棋楽
2019-07-18(Thu)
 

趣味もいろいろ。「パステル画と水墨画」

◎ 一宮木曽川図書館三階に展示されています。
IMG_3906[1]
IMG_3910[1]
◎ 1メートル四方もある大作です。
IMG_3912[1] IMG_3911[1]
◎ この作家は競馬好き「笑」。

IMG_3914[1]

IMG_3913[1]

IMG_3908[1]

IMG_3909[1]

◎ 墨絵も素晴らしいです。棋楽

2019-07-02(Tue)
 
プロフィール

棋楽

Author:棋楽
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索