fc2ブログ

三手の読み

「三手の読み」この言葉を知らない人は初心者、04年に亡くなられた。名棋士原田泰夫九段の有名な将棋語録で、将棋上達の基本であります。先崎八段が追悼文を週刊誌に以下のように書いています。亡くなる4日前に、虫が知らせたのだろうか、愛弟子の近藤五段を突然呼び出し「もう一度将棋連盟が見たい」といって近藤くんがタクシーで連盟まで連れていくと理事会が開かれていてそこに顔を出し皆に二言、三言後をよろしくのような事を言い、帰りの車の中で近藤君に「これで思い残すことはない」と呟いたそうた、これが先崎の文章。以下は将棋世界に載った原田夫人の話、7月の七夕の朝、突然「連盟に行く」といい出した。夫人が体調を心配して止めても「いやどうしても行ってきます」というので、しかたなく、ふだんから秘書的な世話をしてくれていた女性に頼んで、タクシーで付添ってもらった。理事会に顔をだし職員にも声をかけて、玄関の前で一礼して連盟を後にした。近藤五段の「こ」の字もありません、原田九段が生きていたら「先崎君、嘘を書くな」と言ったと思います。原田九段はその4日後の7月11日に自宅で亡くなられています、享年81歳。
30代の若さで会長を、6年も務めた人で、A級10年の実績もある立派な人でした。棋楽
2009-07-28(Tue)
 

コメントの投稿


プロフィール

棋楽

Author:棋楽
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索