fc2ブログ

ギャンブルの極意。

6_20111224214345.jpg
以前にアップしたことはあるが、人のブログの古いのを読む人は少ないと思いアップします、名古屋に飛び出したのが28才、場外は名古屋市矢場町にありすぐのめりこむ、当時成人の日に開催されていたシンザン記念に月給が2.6万の時に5万円を2-4に一本買い、今なら50万位?メンバーが前走とほとんど変わらず、3着以下に5馬身位の差をつけていたので銀行レースと賭けた、本命のサトヒカルが逃げてたれてしまった時はへたりこんだが同枠の馬が「代用品と呼ぶ」が一着に入た「240円」時の気持ちはわすれたが、サトヒカルの名前は今でも覚えている。電話投票は第Ⅰ回に加入10万円の保証金は津島駅前の住友銀行だったすら40年前位、元金の保証のない競馬銀行に幾らつぎ込んだか覚えなし、競輪の電話投票も第Ⅰ回の応募こちらは五万円の保証金、どちらも一回も現金を引き出すことなく解約する、正月休みが8日間あった時は競輪、競艇、競馬と皆勤賞、一宮、大垣、松坂、四日市、名古屋、岐阜、常滑競艇、名古屋競馬。笠松、中京行っています、行かなかったりは蒲郡競艇だけ、会社の慰安旅行で途中下車してびわこ競輪場により3レース程やり帰りにバスに乗った事もありました、写真はオグリキャップこのころは競馬はもう卒業していました、このCMテレビで何回も観てるでしょう、100億も負けた東大出の製紙会社の馬鹿よりは月とスッポン位の差があると自慢できるでしょうか?棋楽
2011-12-24(Sat)
 

コメントの投稿


プロフィール

棋楽

Author:棋楽
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索