fc2ブログ

将棋の本。

2_20140530131705a42.jpg
これは対談相手の柳瀬尚紀氏の言葉、渡辺明元竜王の父親は28歳から将棋に熱中し、5年間でアマ五段になったとゆう。これで、素人なら最高のクラス。しかし、プロになろうという場合、中学生になろうという場合、中学生に入学の頃にそのレベルに達していなければお話にならない。「同感」・・羽生名人は8歳で10級だつたのが、9歳で初段、11歳で五段。6年生の春休み、張れて小学生名人の座に輝いた。この辺りで、ほとんどの素人はもう勝てない腕前になっている。「同感」。とはいえ、このレベルの少年でも奨励会入りは難関だ。羽生名人が受験した昭和57年は71名で、17名が合格だった。しかし現在もプロとして活躍しているのは森内竜王と小倉久史七段だけだ。長々とプロ棋士がいかに狭き門かを説明してきたが・・・・以下略。
図書館のトイレの張り紙を見て、少し前に入った店のトイレを思いだす、入った時に便座のふたが上がった、蓋を閉めて水を流そうと探していたら、水も自動で出てきた。人間だんだん怠け者になる。棋楽
2014-05-30(Fri)
 

コメントの投稿


プロフィール

棋楽

Author:棋楽
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索