蛙撮り 子どもの頃を 思い出す・・・。

2_20150623181643b30.jpg
高学年の頃には昆虫採集に夢中になていた。カブトムシ ガンガリ「クワガタムシ」 セミ キリギリス トンボ 蚕「カイコ」 コオロギ等
早朝に宮川堤の手前にこんもりした森に、何の木が知らないが、樹液にカブトムシ クワガタ キリギリス スズメバチ等が蜜を奪いあつていたのを取りに走っていた。角のある雄のカブトムシが一番強かった。しかし飼っていると弱ってきてすぐ死んだ「キュウリが餌」カブトムシは夜行性?で家にも飛び込んできた事もある。セミもすぐ死んだ。キリギリスやコオロギはセミに比べると長生きだった。カイコは桑の葉を食べて繭「まゆ」を作り、その中から蛾が出てきた。一番好きだったのはトンボ取り、夕方になると、北から南に向ってトンボがむれをなして飛んでくる、ブリ「糸の両端に重りつけた物」をトンボめがけて投げると、重りを蚊と間違えて近寄って来て、羽根に絡んで落ちてくる、夢中になるから畑に踏みこみ良く怒られた。今はそんな遊びは出来ないだろう。蛙も飼ったこともあるが、餌はハエだった、蛙は長生きする。殺すつもりはなかったし、標本を作った事はない。しかし多くの生物を殺してしまった。今更反省しても遅いが、学校が昆虫採集をするのは反対だ。棋楽
2015-06-23(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

棋楽

Author:棋楽
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索