日本将棋連盟支部会員の将棋大会。

 3_20160208160347aaf.jpg
二階が団体戦、26チーム、これは開会式のようだ、みんな熱心に聞いている「笑」    「撮影は保護者」
2_20160208160332207.jpg 4_20160208160403e6d.jpg
三階が支部名人戦17名とシニア名人戦18名。こちらは支部連合会の役員の挨拶や大会規定などの説明はなかった。4人を一組にして2勝で予選通過、2敗で失格に拘っていた。シニア名人戦は偶数なのに、1回戦が不戦勝が3名もいた、他の棋戦も同じ方式だ、1勝1敗になると、同じ人と対局させる、トーナメントでも対局指せる等、進歩も改善の意欲も無い、支部連合会だろう。
愛知県西支部のチームで予選を突破して、トーナメントの1回戦も勝った3名、棋楽も予選敗退だったが、対局姿勢はプロ並みだ。
シニア名人は60歳の2000点ぐらいの人。支部名人はプロ棋士なら、誰でも知っているアマ強豪だ。この人の名前を知らないアマは、全国の何処の県の名人戦に出る資格は無い。棋楽
2016-02-08(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

棋楽

Author:棋楽
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索