一宮木曽川資料館「無料」

3_20160531175935af1.jpg
久しぶりに木曽川資料館を見学にに行く「名鉄新木曽川駅・徒歩5分」。
山内一豊は木曽川町黒田城主、の三男として生まれ、13歳で信長に攻められて、父と兄も戦死して、苦労して、秀吉の部下となり、多くの戦いに参加していて、掛川5万石だった。関ケ原の戦いは、家康方につき、土佐一国で20万石を与えられた。秀吉の部下で、加藤清正・福島正則等、取りつぶされた、大名も多いが、山内家は明治まで続いた「今でも子孫がいる?」
今日の目的は、一豊が若い頃に、駿馬「しゅんめ」を買った時に、奥方が鏡台から、ヘソクリの金を出した話の、真偽を確かめるためだったが、館員に尋ねたら、昔は小学校の教科書にも載った話だが、確証はないらしい。
江戸時代の単位。
距離。1里ー36町「約3930メートル」 1町 60間「約110メートル」 1間 6尺「約180センチ」 1尺 10寸「約30センチ」。
時間。小半刻「約30分」 半刻「約1時間」 一刻「約2時間」 一刻半「約3時間」 二刻「約4時間」。
貨幣の目安「江戸後期」
1両は「4分」 約10万円」 1分「4朱」 約2万5000円 1朱 約6000円・・・・・・。
時代小説で、10両盗めば、首が飛ぶと良くでてくるが、100万円で打ち首だった?
現在は1億円、盗んでも死刑にならない。1000万円以上の詐欺や強盗は死刑にせよ。棋楽
2016-05-31(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

棋楽

Author:棋楽
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索