プロ棋士の強さ。

IMG_6127_convert_20161017191328.jpg
奨励会三段リーグを抜けるのは、半年で2人だけ、一年で4名が四段になれる。
四段C2・五段C2・六段B2・七段B1.・Aクラスに上がって八段になれる。ただ規定の成績を上げて昇段の道もある。但し高齢になり弱くなっても降段はしない。
現在C2の四段クラスに九段が3名、この人達は若い頃はトップ棋士だった。八段が5名、これらの人達は勝ち星による昇段。七段が5名。六段が9名。五段が14名。四段は15名と少ない。昇段「昇級」は3名だから、奨励会よりも厳しく、40代では不可能に近く、降高点の不安との闘いになる。
しかしフリークラスの高齢者のプロ棋士には、アマ三段「1900点位」では飛車落ちでは勝てない。それだけプロ棋士は強い。
多面指しの指導対局では、プロ棋士は緩めてくれるから、対局前に、澤田六段は本気でお願いした、六枚落ちだった。棋楽
2016-10-17(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

棋楽

Author:棋楽
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索