読書。

IMG_6379_convert_20161116185853.jpg
獄窓記。山本氏は1962生まれ、衆議院議員2期目に政策秘書給料与流用事件で、1年半の実刑判決、控訴せず、黒羽刑務所に433日間服役した体験記?この刑務所は体や精神に障害を持った人が多く、苦役を克服して「同囚」達の面倒を献身的に見て仮釈放後され、2003年に刊行された、獄窓記で刑務所内部の実態が明らかにされ、新潮ドキュメントを受賞してマスコミにとり挙げられて。テレビトラマにもなった。「どちらも知らなかった。」
明治時代に監獄法の法案改定に国会の参考人にもなり、法務省の幹部の講師にも招かれいる。
山本氏は奥さんが良かったから更生した?出所者の為の受け入れに活躍されている。ぜひ読んでほしい。
内山さんは、1948年生まれ、弁護士の時に、詐欺恐喝に巻き込まれて、懲役5年、甲府刑務所に1996年から2000年まで服役ご仮釈放、もう事件屋にはならないと、肉体労働を望んだで、2回も騙されてタコ部屋に就職して、2回目は見張りを酔いつぶして、夜中に逃げ出している。50歳を過ぎた、前科者には世間の目は厳しく自殺も考えたが、救ってくれたのは先輩の弁護士たちだった。発刊当時は名古屋刑務所の看守虐待事件で、刑務官に厳しい時だったが、山本さんは刑務官に感謝している。
安部さんは昭和12年生まれ、日本で3回、外国で2回の懲役の経験。今回はアメリカ刑務所に2週間の体験入獄の本、懲役の達人とはピッタリの題名だった。棋楽
2016-11-16(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

棋楽

Author:棋楽
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索