感謝の言葉。

IMG_7003.jpg
ぼくは、一宮こども将棋将棋に年長の終わりの頃から通い始めました。祖父に将棋を教わったものの、なかなか勝てずもっと強くなって祖父に勝ちたいと思ったのが通い始めたきっかけでした。
祖父に教わっていたとは言っても、詰将棋もやったことがなかったので、申し込み来た当日、植田先生から一手詰の問題を出されて困りました。駒の漢字もまだ書けなかったし、詰将棋の答えの書き方も知らなかったからです。そんな初心者の僕が目標としていたA級までたどりつけたことができたのは、困っているときにアドバイスしてくれる先生方、一緒に将棋を指す仲間、そして雨の日も雪の日も送迎してくれた両親がいてくれたおかげです。その、どれかが欠けていたら、ぼくは強くなっていませんでした。
また、先生方は優しいだけでなく、厳しく一般常識を教えてくれました。挨拶は人の顔を見てすること、今の世の中、なかなかはっきりといってくれる大人がいないので、ぼくにとっては素晴らしい教えでした。きっと大人になっても恥かしい思いをしなくてすむと思います。それから、教室が終わって後、仲間と外で遊ぶことも、ぼくにとっては勉強の一つでした。学年も学校も仲間が出来たのは、一生の宝になると思います。
今日で市民将棋支援制度の補助を受けてきた、一宮こども将棋教室は、終了します。でも愛岐会の「女性とこどもの部」が引き継いでくれるそうです。将棋のこと以外の大切なことをしっかりしっかり教えてくれるところも、引き継いでくれるとうれしいです。
将棋は一生楽しめる趣味です。年齢や性別に関係ありません。こんな素敵な趣味に出会えたこと、そして一緒に笑いあえる仲間ができたこと、この五年間はぼくにとって素敵な五年間でした。植田先生を始めとする先生方、これからもぼくらの人生の先生として、いろいろなことを教えてください。この五年間、本当のありがとうございました。  5年 槙本大樹

槙本君はJA東海大会の低学年部で準優勝した実績。
将棋センスは抜群で終盤も鋭いが、ほとんど考えない「くせになっている」
29日は決勝戦で敗けた時に、「何分残った」「20分です」「序盤にもっと時間を使え」「・・・・・」
年賀状で今年は1400点を目指します、現在29日で1320点。
時間きれで、負けるぐらい考えて指して、
学校行事以外は愛岐会に参加して1600点を目指して下さい。棋楽
2017-01-31(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

棋楽

Author:棋楽
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索