FC2ブログ

将棋のプロは天才だけがなれる職業です


青野九段は昭和28年生まれ 49年に四段 新人王 51年 五段 54年 六段 55年七段と連続昇段。
57年 第一回全日本プロ将棋選手権と32回NHK戦に優勝しています。
58年にA級八段に昇段しています。A級10期も保持していましたから一流棋士です。
弟子は師匠に指導を受けるか? 私は奨励会の時に「四局」だけです。羽生さんや森内俊之九段はⅠ局も指していないでしょう。
わたしの経験では、教えて強くなれるのは、奨励会に入会するレベル「アマ五段」ぐらいまでと思っています。
「゜藤井総太七段は教えて貰わなくてもつよくなっています」
奨励会6級に小学生6年で、研修会から押し出される位の能力が必要だといつみ書いています。しかしそれ以後の、研究と実戦を毎日、10時間は続けられる、意欲と必要だとも他に書いてあります。

反則の多い棋士は、淡路九段が最高で七局、棋士になつてからの記録だそうです。

青野さんの反則戦は奨励会時代を入れると、12局ぐらいで、棋士になってから反則勝ちが多いとか「笑」。棋楽
2018-05-21(Mon)
 

コメントの投稿


プロフィール

棋楽

Author:棋楽
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索