FC2ブログ

映画鑑賞。


映画を観に行くのは久しぶりでした。この前に紹介した瀬川晶司五段の奨励会を年齢制限で大会後にアマで好成績を上げて

対プロ戦で7割を超える勝率を挙げて、連盟が規約を棋士総会で多数決で改正した制度で、フリークラス「四段」になつた物語。

三段になるのが遅くて「遊びすぎ」リーグは8回だけで1回だけチャンスがあったが後半に崩れてだめ。26歳から高校に行き大学を出

て就職してアマ最強の時に周囲の人の応援で上記の制度できました。

プロはアマと真剣勝負の対局をすると、プレッシャーがかかり、7割も勝てた。フリークラスでは4年間 掛かってC2に上がっていま

す。勝ち数で2012年8月に五段に上がってはいますが、今は降級点が一つついていて、C1に上がるのは難しい。全勝すれば上がれるが、年齢的に難しい。

神吉七段 久保王将 屋敷九段は判った、演技する必要はなく将棋を指すだけだから「笑」。

屋敷九段に勝って編入が決まったように脚色されていたが、屋敷九段は試験官のメンバーに入っていなかった。

5年生の時の担任の女の先生や、町道場の師範との再開の場面があれば感動するような気がしたが・・。

奨励会の場面は監督が元奨励会員で、駒の持ち方や 指方は将棋の強い奨励会員に見えました。棋楽

2018-09-13(Thu)
 

コメントの投稿


プロフィール

棋楽

Author:棋楽
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索