FC2ブログ

読書の薦め「1」

◎ 私はこの本を読むまで先崎九段の病気の事も、うつ病の事も知りませんでした。
◎ うつ病は自殺願望があり、なんでも悪い方に考え、不眠症、怒りやすくなるなどの精神病です。
◎ 先崎九段は、羽生九段と同じ歳で49歳、Aクラスは2期ですが、全盛期の羽生さんに、NHK戦の決勝戦で勝った天才棋士で、文才もあり複数の週刊誌にコラムを書いていました。

IMG_5763[1]

◎ 2018年に発病、兄が精神科医で、すぐに慶応病院を紹介して入院して闘病、入院中に看護師の初段に平手で負けそうになっていました。回復して詰将棋は7手詰めも出来ずにショックを受け、5手詰めも出来なかったそうです。奥さんは囲碁棋士で、先崎九段が、研究会用に借りていた部屋を、土・日だけの営業の囲碁と将棋の道場を作りましたがその名は「棋楽」です「今もやっています」。オープニングの時は、多くの花が届き多くり棋士やファンがきましたが、営業日初日は二人しか客が無く、ものすごく落ち込んでいました。先崎九段の指導料は2000円で格安と書いてありましたが、私は隣に住んでいても行きません。
◎ 後輩の棋士や奨励会員を呼び、練習を重ねました。この本はその闘病中書いた本で、先崎九段の苦闘に涙がでました。
◎ 先崎さんは、この本を書けたのは回復した証明であり、将棋があったから回復できたとむすんでいます。

◎ 何かに悩んでいる人は必ず読んでください。

◎ 2017年 B2組4勝6敗 発病した18年・1敗9不戦敗 復帰した年1勝9敗でC1に陥落した今期は4勝5敗ですが49歳ですから回復されています。本当に良い本です。棋楽

2020-03-03(Tue)
 

コメントの投稿


プロフィール

棋楽

Author:棋楽
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索